ブログ

blog

ブログ詳細

別荘リフォームの種類別費用は?安く済むDIYの注意点も解説!

2022/10/30

「別荘のリフォームできればいいな」「専門業者にお願いするといくらぐらい?」
「自分でもできるって本当?」別荘をリフォーム・リノベーションできたら素敵にすごせます。

この記事では別荘のリフォームを検討中の方や、これから購入を考えている方に向けてかかる費用や注意点についての解説と、セルフリノベーションをするために必要なDIYのポイントも紹介します。
この記事を参考に別荘ライフを楽しみましょう。

別荘リフォームの種類別費用は?安く済むDIYの注意点も解説!

別荘のリフォームは一般住宅と違う

別荘の立地は自然豊かなところが多く、一般住宅の環境とは大きく異なるためリフォームやメンテナンスにも違いがみられます。
一般住宅は快適に暮らすために作られており断熱精度を高く設定していますが、一方で別荘は一時的に利用するために作られており、断熱性能が低い場合もあります。

自然が多い環境の建物は劣化早まる傾向にあり、まわりに生えている樹木が多く湿度が高いのが原因となる場合が多いでしょう。
さらに、新築購入だと傷み具合が把握しやすいですが、中古購入の場合はシロアリや雨漏りなども心配です。

リフォームする場所による費用の例を紹介しますので参考にしてください。

リフォームする場所による費用の例

リフォームは施工場所によって費用が大きく違います。
自分ではなかなかできない水回りと内装費用の一覧を紹介します。
リフォームを検討中の方は参考にしてください。

水回り
施工場所 費用
お風呂場 約90~120万円
キッチン 約50~90万円

水まわりが故障した場合は生活にかかわる大きな問題になります。
自分での修理は難しいので専門業者に頼む必要があるでしょう。
上記は一般相場になりますので、修繕方法や機材の設置場所などにより大きく金額が変わります。

水回りは一度リフォームをすると、なかなか作り変えられない箇所です。
デザインなどをよいものにすると金額はかかりますが、より快適な暮らしが得られるでしょう。

内装
施工場所 費用
クロス張り替え 3,000~6,000円/坪
フローリング張り替え 3万円~8万円/坪

クロスの張り替えやフローリングの張り替えは、大きく生活に支障はなくても取り替えると見た目もよくなり生活の質は上がります。
毎日暮らすところではないので少しのキズやへたりも気になりがちです。
フローリング張り替えは材料によって施工方法も違い、金額が大きく異なります。

別荘のリフォーム費用は一般住宅のリフォーム費用より高額になりがちです。
費用を抑えたい方向けに、次の章では自分でフローリングの張り替えをするときの費用の例を紹介します。

別荘のリフォーム費用を抑えたいなら「セルフリノベーション」が効果的

リフォーム費用が気になる方はDIYで修理もできます。
気に入った材料に張り替えができ、自分好みにセルフリノベーションできるでしょう。
必要な材料や道具の一覧を紹介します。

材料  用途目的 費用
フロアー材 床板の材料 15,000円/坪
釘・ボンド フロアー材の固定 1,000円/坪
電動のこぎり 材料の切断 2万円
電動ドリル フロアー材の固定 1万円
手引きのこぎり フロアー材の微調整 2,000円
メジャー、曲尺 長さと角度の確認 3,000円

床の張り替えには上記以外にも道具や材料が必要になり、8畳間(4坪)で計算すると9万円以上かかります。
施工面積が少ないほど工具が高額なため費用の坪単価は高くなります。

面積が大きい場合はチャレンジしてもよいですが、技術の部分で難易度は高めなので注意が必要です。

費用削減に効果的な「セルフリノベーション」とは?

セルフリノベーションとはDIY(Do it yourself)で自分好みのリフォームをする方法を指します。
専門業者などには依頼せずに自分の力で自分好みに修理したり、変更したりする意味です。

すべての工程を自分でDIYするほかに、一部工程を自分でDIYする場合もあります。

DIYでできないものもある|電気・ガス・水道など

DIYでは無資格ではできない工事もあります。
無資格でやると危険が生じるほかに罰則があるため注意が必要です。

電気工事は第二種電気工事士などの資格が必要になります。
延長コードなどでの配線はできますが、電気線の被覆を剥きつなげるのは禁止となっています。

ガス工事はガス機器設置スペシャリストなどの資格が必要です。
ガスは不備があった場合は危険をともなうので専門業者に任せた方がよいでしょう。

水道工事も給水装置主任技術者の資格が必要です。
公共の上下水道を利用しているエリアでの無資格工事は違法にあたります。
しかし、敷地内の工事をする場合は例外もあるようですが、専門業者に頼むのが無難です。

DIYのメリット・デメリットを踏まえて判断しよう

DIYで別荘をリフォームするときのメリットとデメリットはどのようなものがあるか検証しましょう。

メリット

● 費用が抑えられる
● 構造の理解ができる
● リフォーム方法を覚え、工具を購入すれば何か所も自分で修理できる
● 達成感が味わえる

デメリット

● 失敗する可能性もある
● 成功してもアマチュアレベル
● 資材の手配と必要数の算出が面倒
● 購入資材はプロが仕入れるよりも割高になる

DIYでの修理はじっくりと考え、自分好みにアレンジすると達成感を得られますが、失敗する可能性や手間がかかるので知識がある方に聞けるのが大前提です。
チャレンジするときは建物の構造とセルフリノベーションのメリット・デメリットを把握したうえで判断しましょう。

まとめ

本記事では別荘のリフォームとセルフリノベーションについて解説しました。
DIYでチャレンジもできますが、リスクを理解したうえで判断しましょう。
失敗や危険もあるので、まずは専門業者に見積もりを取ると見えてくるものもあります。

この記事を参考に別荘のリフォームを検討しましょう。

トリイ建設の一戸建て住宅リフォームはこちら

関連記事

  • 洗面台のリフォームをする際の主な注意点とは?洗面台のリフォームをする際の主な注意点とは? 洗面台のリフォームをする際には、少なからず注意点があります。 洗面台のリフォームに失敗すると、不満が残り、再度リフォームの必要性も。 どのような点に注意すれば良いか知っておくことで、リフォームを行う際に助かりますよ […]
  • 砂壁をどうにかしたい!リフォームは自分でできる?砂壁をどうにかしたい!リフォームは自分でできる? 築30年以上の和室といえば、砂壁が主流でした。 現在も古い住宅の壁に多くみられ、昔ながらの空間を演出しています。 しかし、住み続けてみると「砂壁が剥がれる」「暗い」といった悩みも多く、リフォームしてどうにかした […]
  • 居抜きで現状回復は必要?退去時の注意点とポイントを解説居抜きで現状回復は必要?退去時の注意点とポイントを解説 「居抜き物件は退去時に原状回復しなければいけないの?」 「退去時の注意点やポイントを教えてほしい!」 そう悩んでいる方も多いでしょう。 そこで今回は居抜き物件から退去する際に確認しておきたい内容をまるっと解説 […]
  • 片付けられない!収納する場所はこうやって決めよう!片付けられない!収納する場所はこうやって決めよう! 「片付けてすっきりしたい」とは考えるけど、部屋に物が散乱している片付けられない人には理由があります。 ただ単純に収納が苦手だからってあきらめることありません。 散らかっている物を片付けられない1番の理由は、それらを […]
  • 【必見】マンションのお風呂をリフォームする際の費用や工事期間とは【必見】マンションのお風呂をリフォームする際の費用や工事期間とは マンションのお風呂をリフォームしたい方は、計画を立てるために相場や期間の目安を知りたいのではないでしょうか? また、どの程度まで裁量が許容されるのかも確認しておきたいでしょう。 そこでこちらの記事では、マンショ […]
  • 庭に植えてはいけないグランドカバー庭に植えてはいけないグランドカバー 「グランドカバー」とは土の部分を植物や砂利などでカバーすること。地面を覆うように生える背丈の低い植物であれば、ハーブや草、花など様々な種類がグランドカバーになります。例えば庭の土をカバーする芝生もグランドカバーの一種で […]