お役立ちコラム

column

お役立ちコラム詳細

ウォークインクローゼットで後悔しないための大切なポイントとは?

2022/03/21

「ウォークインクローゼットのリフォームで失敗したくない!」、当然そう思いますよね。
決して安くないウォークインクローゼットのリフォームなので、絶対に失敗したくないはずです。
そこで、今回はウォークインクローゼットで後悔しないための大切なポイントをご紹介します。

ウォークインクローゼットで後悔しないための大切なポイントとは?

ウォークインクローゼットで後悔した人の理由を知る

ウォークインクローゼットのリフォームで後悔しないためには、後悔した人の理由を知ることが大切です。
なぜ後悔したのか知っておくことで、同じ理由であなたが失敗せずに済みます。
以下で、ウォークインクローゼットで失敗した方の理由を詳しく解説していきます。

部屋が狭くなった

ウォークインクローゼットで後悔している人の中には、部屋が狭くなり窮屈に感じている方もいます。
部屋がそれほど大きくなければ、ウォークインクローゼットにしたことで窮屈になってしまうことがあるのです。
そのため、スペースの確保や作る場所も意識しなければなりません。

ウォークインクローゼットを作る場合、どの位置に設置するかしっかりと考えることが大切です。
部屋が狭くなると置きたいものが置けなかったり、スペースをうまく活用できなかったりしますよね。
そのようなことがないように、リフォーム時は担当者とよく話し合いましょう。

物置のようになってしまった

物置のようになってしまい、ウォークインクローゼットとしてうまく活用できていない方もいます。
その場合、せっかく作ったのに非常にもったいないですよね。

たくさんのものが入るウォークインクローゼットは、ついつい余計なものまで詰め込んでしまいがちです。
いくら歩けるクローゼットと言っても、足の踏み場もないほどものを詰め込みすぎるのは良くありません。
見栄えも悪くなりますし、ウォークインクローゼットとしての機能を果たせなくなります。
そのため、しっかりと整理整頓を心がけてオシャレを意識するのが良いですよ。

通路が狭くなった

ウォークインクローゼットは衣類の収納だけでなく、人が歩けるだけの広さも必要です。
ですので、収納に重きを置きすぎると通路が狭まります。
リノベーションあるいはリフォームの際は、通路と保管スペースのバランスが大切です。
ウォークインクローゼットを作る場合、幅は180cm以上確保するのがベストとなります。

ウォークインクローゼットで窓を付けて後悔しないために

ウォークインクローゼットのリフォームでは、窓を付けたいという方も多くいます。
クローゼットは湿気でカビや菌が繁殖しやすい場所なため、窓を付けて湿気対策をするのも有効です。
そこで、ウォークインクローゼットに窓を付けて後悔しないために次のことを意識してください。

窓を設置するメリットとデメリットを知っておく

ウォークインクローゼットに窓を付ける場合、メリットとデメリットがあります。
メリットは、次の点です。

明るさを確保しやすい

ウォークインクローゼットに窓を設置するメリットは、明るさを確保しやすい点です。
日中だと電気を付けなくても光を取り込めるので、節約にもつながります。
そのため、主婦の方にとってそれは非常に嬉しいと言えるのではないでしょうか。

風通しが良くなる

ウォークインクローゼットに窓を付けることで換気がしやすく、風通しが良くなるのもメリットです。

湿気対策としても効果的ですね。
反対にデメリットは、以下となります。

紫外線で衣服が日焼けしてしまう

ウォークインクローゼットに窓を付けると、紫外線で衣服が日焼けしやすくなるのがデメリットです。
そのため、日焼け防止のためにカーテンやブラインドを活用してみてくださいね。

収納スペースが狭まる

窓を設置することで、収納スペースを狭めてしまうのもデメリットです。
スペースを広く有効的に活用したい方ならば、窓を設置しないほうが良いとも言えます。
これらのメリットとデメリットを踏まえて、窓を設置するか検討しましょう。

ウォークインクローゼットに扉を設置しないと後悔する?

ウォークインクローゼットに扉を付けることもできますが、あえて扉を付けない方もいます。
そこで、ウォークインクローゼットの扉なしで後悔しないためのポイントを解説します。

自分にはどっちが良いかを考える

扉を設置しなければ、湿気や臭いがこもりにくくなります。
そして、扉を開け閉めする必要もないので楽と言えるでしょう。

一方で、扉を付けないとホコリが溜まりやすくなり、衣服に付いてしまうこともあります。
ですので、あなたにとってどちらが良いかを考える必要があります。
「多少衣服にホコリが付いても手間がないほうが良い」という方ならば、扉を付けない選択が合っていますよ。

まとめ

ここまで、ウォークインクローゼットで後悔しないためのポイントをご紹介しました。
上記のポイントを理解し、ウォークインクローゼットで後悔しないようにしてください。
「使いやすいウォークインクローゼットにリフォームしたい」「ウォークインクローゼットのある新居を作りたい」という場合は、株式会社トリイ建設にご相談ください。

→トリイ建設のリフォームはこちら

関連記事

  • キッチンの照明で失敗しないために注意すべきことは?その方法を紹介キッチンの照明で失敗しないために注意すべきことは?その方法を紹介 キッチンの照明をリフォームしたい場合、「どのようなことに注意すれば良いか教えてほしい」、そのように思っていませんか。 照明が思いのほか暗かったり、部屋にマッチしていなかったりすることも少なくありません。 そこで […]
  • テレビの上に窓を設置する3つのデメリットとは?テレビの上に窓を設置する3つのデメリットとは? テレビの上に窓を設置したいという方も、恐らく多いはずです。 その場合、考えられる3つのデメリットがあります。 テレビの上に窓があることで、テレビが見づらいというケースも決して少なくありません。 それだと、テレ […]
  • 注文住宅を建てるまでの流れ・期間・費用を紹介!注文住宅を建てるまでの流れ・期間・費用を紹介! 「注文住宅は建売住宅と比べて、どういった特徴があるの?」 「注文住宅を建てるのにかかる期間や費用がどれくらいなのか知りたい!」 いつかマイホームを持ちたいと考えている方は、このような疑問を抱いているかもしれませ […]
  • 家が狭いのがストレスの方は間取りのリフォームがおすすめ家が狭いのがストレスの方は間取りのリフォームがおすすめ 家が狭いことで、かなりのストレスを感じている方も少なくありません。 当然ですが、家が狭ければ置きたいものも置けないですし、不自由な生活を強いられますよね。 そうなると、快適な日常生活とは程遠いといえます。 家 […]
  • 分離発注のデメリットとは?メリットとデメリットを解説分離発注のデメリットとは?メリットとデメリットを解説 「分離発注って何?」と、疑問に思っている方も非常に多いでしょう。 ここでは、そんな分離発注の特徴と、分離発注のメリットとデメリットをご紹介します。 分離発注のメリットとデメリットを正しく理解し、ぜひ失敗しないよ […]
  • 砂壁をどうにかしたい!リフォームは自分でできる?砂壁をどうにかしたい!リフォームは自分でできる? 築30年以上の和室といえば、砂壁が主流でした。 現在も古い住宅の壁に多くみられ、昔ながらの空間を演出しています。 しかし、住み続けてみると「砂壁が剥がれる」「暗い」といった悩みも多く、リフォームしてどうにかした […]